上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋の本棚には「読みたいな」と思いつつ、
読まれないままに積み上げられているコーナーが何カ所かある。

久しぶりに手を伸ばしてみた。
恋愛小説の短編集だった(内容も確認せず、タイトルで買ったのだ!)

「1ポンドの悲しみ」

読み返す事はなさそうだけど、けして嫌いという意味ではない。

高校のとき読んだ「ワンルームストーリー」という漫画を思い出した。
一つ一つの内容は思い出せないんだけど、読み終えたときの余韻が好きだった。

なんだか、感触というか、後味が似ていたんだなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://masatokobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/10-7c1e4cf4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。