上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.07 プロフィール
小林 真人 Masato Kobayashi(Compose.Arrange, Piano, Keyboad)

1972年7月22日生まれ。
山梨県山梨市出身。


国立音楽大学音楽学部応用演奏科卒業。17才のときにピアノの魅力に惹かれ弾き始める。大学在学中から演奏活動を始め、卒業後活動を本格化。自身のリーダーでの演奏やサポートキーボーディストとして、WaTをはじめ、多くのライブやレコーディングに参加する。‘01年、ピアノを中心としたオリジナルアルバム「この場所から」を制作。故郷山梨や八ヶ岳の自然に対する想いと、心理学を学んだ経験を音楽に融合し、創出する事をテーマに、精力的にコンサートを行う。アーチストへの楽曲提供やゲームサントラなどの編曲。プラネタリウム番組やイベント等の音楽を担当し、その作、編曲を行う。'06からは、サーカスの叶高主演のミュージックショー「ラヴソングはヒゲそりのあとで」にピアニスト役で出演し、演奏だけに留まらない表現にも挑戦。'07?'09年にはオカリーナ奏者の大沢聡とユニット「breath」を結成。サントリーホール、伊勢神宮での奉納演奏、またイタリア、韓国、中国等、国内外合わせておよそ200回の公演活動において、ユニットの作編曲、キーボードを担当した。'08年、合唱曲「明日を信じて」を作詞作曲。この楽曲は「Music Jam Kids 2 小学生のための合唱曲集」の楽譜とCDに収録された。'09年には合唱曲「You can fly!」を作詞作曲。「明日を信じて」とともに、「Music Jam Senior 3 混声合唱曲集」の楽譜とCDが教育出版社から発売されている。'10年には山梨県立科学館のプラネタリウム番組「オーロラストーリー?星野道夫・宙との対話?」の音楽を担当。山梨日日新聞では『全天に広がるオーロラに優しく包み込むようなメロディが寄り添う』、毎日新聞では『ピアノの音色からは山梨の自然も連想された。山と緑に包まれる優しさ』と好評を博す。現在、作曲&編曲家として、また、ピアノ&キーボードの演奏家として、精力的に活動中。

http://www.masato-kobayashi.halfmoon.jp/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。